toggle
2020-01-16

二王子岳 ~新潟県~

 趣味で登山をやっているが、なんせ景色が壮大なのでやっぱり良いカメラが欲しくなるしいかにこの景色の感動を残し伝えるかを考える。登山と写真はもはやセットで考えないと勿体ない時代だ。だってお金さえ出せば誰でもプロ並みの機材が揃うから。

身近な山は最高の練習場

 自分の身近な山に『二王子岳』がある。自宅から車で40分くらいで着く200名山にも数えられている山だ。山菜採りがメインなので毎年必ず行くが、山頂から望める越後平野の眺望が絶景でとても好きな山だ。特に雪の時期はヤブも無くよりいっそう絶景が楽しめる。(雪の時期に登り始めたのはここ最近だけど)

20170312 二王子岳中腹 K‐70

 三月くらいだともう春山として上る事が多いように思う。一月、二月は厳冬期としてガチ勢の方が挑んでいるイメージ。

山はなと言っても稜線風景!
20170312 伸びやかな稜線から山頂避難小屋方面を向く K‐70

 こんな風に広く抜けた景色が雪山ならではである。夏場はここは完全にヤブに覆われていて当然向こうは見えないからだ。標高は高くないが、普段利用できる駐車場が雪で閉ざされているので麓の民家近くからスタートになってしまう。一時間くらいは余計に掛かる。

20170312 振り返る K‐70

 雪山ならではの山歩き。こんな道を通るのだ、夏山に無いスリルがある!もちろん安全第一で。

20170312 飯豊連峰 K‐70

 二王子岳名物、飯豊連峰の稜線風景をガッツリ望める景色。別名『飯豊の展望台』と言われる。自分のカメラ技術ではこの圧巻の景色を伝えるのが難しい(汗)非常に悔しいので頑張って上達します。

山頂というゴールがある
20170312 山頂 K‐70

 雪に埋もれた山頂の鐘。雪が無い時に来るといかに雪深いか分かるのでまたその内。身近な山で、森林風景から山頂の眺望までカメラを持って行き甲斐がある所です。きっとこのブログでも何度も書いていく事になると思う。

スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。